ウォーキング・ダイエットの効果的な歩き方


効果的に行いたい場合に大切なのは、ウォーキングの前に軽い筋トレを行うことです。

筋トレというのは、一般的にも知られていますが、無酸素運動で、そのためのエネルギーをほぼ糖質のみに頼ります。

これに対してウォーキングは有酸素運動で、糖質と脂質の両方をエネルギーにします。

つまり有酸素運動で糖質を消費してしまうと、体が糖質不足状態になり、その後の筋トレでは、エネルギー不足で効果が出なくなる可能性があるのです。

これに対して、筋トレで糖質が不足していても、
ウォーキングは運動エネルギーを脂肪である程度代用ができますのでさほど問題なく行なえます。

筋トレを行うと、脂肪燃焼を助ける成長ホルモンが出るそうすが、
この成長ホルモンは、筋トレ後以外では、睡眠直後にしか出ないそうです。

以上の利点からも是非に、ウォーキング前に軽い筋肉トレーニングを
するようにしてみてください。

たとえば・・・腕立て伏せ20回、腹筋20回、背筋20回の1セット)など。

もちろん、個人の無理ない範囲での簡単な筋肉トレーニングを
行うことが効果的なウォーキング・ダイエットにもつながります。







バレリーナが密かに実践する13の秘密!バレリーナ式下半身ダイエット!超美脚足やせ変身術スペシャル





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。